反射シートの利用を広めたいです

近年では、仕事のシフト制や塾などの理由から夜の時間帯に外を出歩かなければならないという方も多いようです。
しかし、自転車であっても、歩いていても、自動車を運転している人からは見えにくいです。
そのため、しっかりと目立つように反射シートを靴やカバン、自転車の見えるような部分に貼ったり、持ち歩くことが大切です。
特に、子どもは急に飛び出してしまったりすることから、運転している人から発見が遅れないように気をつけることが大切です。
最近では、町会や小学校で反射シートが配られたりしているようなので、この運動が広まってくれたら事故が急に減ることにつながります。
また、夜の遅い時間帯に出歩く際には、目立つような服装をすることも重要です。
大人では、紺色や黒色などの服装をしているという方が少なくありません。
そのため、人がいることに気がつくことができません。
子どもから大人まで、夜の時間帯の事故を減らすためにも、反射シートの利用を広めることが大切です。

Copyright© 反射シート All Rights Reserved.

反射シートの利用を広めたいです